【HSP】自分がどのタイプを知ると楽になる

HSP・メンタル

こんにちは。ブログ読んで下さりありがとうございます。

 

今日はHSPの4つの分類についてお話したいと思います。

この記事はこんな人におすすめ
・HSPについて気になっている
・自分がどのタイプか知りたい
・身近にHSPさんがいる

HSPの特徴

まずHSPのおおまかな特徴についてお話したいと思います。

Highly Sensitive Person (ハイリー・センシティブ・パーソン)の略で繊細な人のことを言います。

・刺激に弱い
・物事に対して深く考える
・感受性が豊か
・疲れやすい
・音や光に敏感
・五感が鋭い

などがあります。

最近よく聞くHSPってなに?

HSPの特徴は以前別の記事にまとめているのでこちらをご覧ください。

一口にHSPと言っても4つのタイプに分類されます。
自分がどのタイプのなのか知ることで今後の行動などがしやすくなるかもしれません。

タイプ別にお話したいと思います。

HSP(内向型HSP)

HSP(内向型HSP)はHSPの中で一番多く約70%を占めてると言われています。
特徴としては

  • 内向的
  • 平穏が好き
  • 物事を深く考える
  • リスクは好まない
  • 刺激に弱い

などがあります。

これは皆さんがよく知るHSPの特性通りのタイプです。

HSE(外向型HSP)

HSEは外交的なHSPさんのことで社交性があります。人との関わりは得意で自分からも積極的に関わりを持とうとします。なのですが、HSP特有の疲れやすさや敏感さは持ち合わせています。

特徴としては

  • 人のために何かしたいという気持ちが強い
  • 友好関係が広い
  • 人と話をするのが好き
  • リーダーをやることもある
  • 集団行動が苦痛ではない

などがあります。

人と接するのは得意ですが、一人の時間も大切にしていて物事を考えたい時は一人の時間を作り熟考します。

HSS型HSP(刺激追及型)

本来HSPさんは刺激に弱い傾向にありますがHSS型さんは刺激に対してポジティブで自ら刺激を求める傾向があります。

特徴としては

  • 好奇心旺盛
  • 一人行動が好き
  • とりあえず行動してみる
  • 考える前に行動する
  • 集団行動は苦手

などがあります。

行動的なのですが、社交性はあまりなく一人行動を好みます。
またHSP特有の刺激への弱ささ疲れやすさ・は備わっているので思いつきで行動して一人反省会などもしょっちゅうするタイプだと言えます。
ただ天才肌タイプなので自分の力を発揮できる職に就けたらかなりの成果を残します。

 

HSS型HSE(刺激追及・外交型)

最後はHSS型HSEさんです。
今までお話したHSPさんの特徴とは違って外交的で刺激に対してもポジティブなタイプです。

一見HSPさんには見えないかもしれません。

特徴としては

  • 好奇心が強く行動的
  • 人との関わりが得意
  • リーダーを任せられることがよくある
  • 交友関係が広い

などがあります。

人との関わりが得意でその中で成果を出したり信頼を得ることが多いです。
人との関わりが得意な一方で何気ない一言で深く傷ついたり落ち込んだりするHSPさんの特徴も持ち合わせています。
また人に喜んでもらおうと頑張り過ぎて疲れてしまったり、明るく振舞っていても一人の時間で大反省会を開催すること多いはずです。

 

どのタイプでもHSPの気質は変わらない

ここまでHSPさんの4つのタイプについてお話させていただきました。

一口にHSPと言っても外交的だったり行動的だったりいろいろなタイプがいるなと改めて気づかされました。
それでもHSPさんの基本的な気質はどのタイプも変わりません。

疲れやすかったり人との共感性が高かったり物事に対して深く考えたりします。

自分がどのタイプか知ることで自分にあった生き方ができるようになるといいですよね。

今後各タイプについて細かく書けたらいいなと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました