HSPの人が向いている職業

HSP・メンタル

HSPの人には向いてる仕事向いていない仕事があります。今回はHSPさんの長所を活かす向いている仕事についてお話します。

HSPの人が長所を活かせる仕事

  • ルーティーンワークの多い事務
  • WEBデザイナー
  • プログラマー
  • ライター
  • カウンセラー
  • ハンドメイド作家
  • 在宅ワーカー

コツコツ進められる業務か自分の好きなことを突き詰められるような仕事が向いていると思います!

 

ルーティーンワークの多い事務

コツコツとした作業が得意なHSPさんはルーティンワークの多い事務に向いています。
毎日、毎月同じ作業をすることが多いので業務に慣れたら作業スピードも上がりミスも少なくやっていくことができます。
周りの空気を読むのも得意なのでサポートする立場は向いています。

WEBデザイナー

感受性が豊かで好きなことはとことん突き詰めることができるHSPさん。デザインも学んでしまえば力を発揮します。
クライアントの需要を把握し相手が求めてるものを形にできるでしょう。WEBデザイナーは今でも伸びているジャンルなので学んでおいて損はないでしょう。将来フリーランスになる選択肢もあります。

プログラマー

プログラマーもWEBデザイナー同様、伸びている業界です。一人でコツコツやる作業が多いので集中して業務をすることができます。プログラマーも将来フリーランスとして働くことができるので勉強しておくとよい思います。

ライター

物事を本質を受け止めそれを文字にしていく仕事ですが、HSPさんは頭の中でいろいろな思考を巡らせるのでそれを文章にまとめるのも上手です。
いろんな視点から物事を考えるのでテーマを与えられたら気の済むまで調べあげ綺麗な文章になるように何度も練り上げるでしょう。
読み手がどう思うか、この文章に心動かされるかなど、読む側の気持ちも考えて文章を作るのできっと良い記事が書けると思います。

 

カウンセラー

他社の気持ちに寄り添うことができるHSPさん。相手の気持ちを一生懸命聴き、一緒に解決策を考えてくれるでしょう。相手に寄り添いたいという優しい気持ちの人が多いのでカウンセリングに訪れた人たちもきっと心を開いてくれると思います。
ただ、相手の悲しい気持ちに飲まれすぎたり、『あの人はこんなに悩んでるのに自分はちっとも力になれていないんじゃないか』と必要以上に落ち込んだりする場合もあるのである程度の千線引きは必要です。

ハンドメイド作家

HSPさんはデザインや創作活動が得意です。おうちで集中してできるハンドメイド作家は向いています。一人で黙々と好きなことに向き合えるので会社のようにソワソワしたり常に周りに人がいたりするわけではないので落ち着いて作業ができるでしょう。

在宅ワーカー

HSPさんは人が多いところが苦手なので、職場も満員電車もすごく疲れてしまいます。
できれば人の多いところを避けて自分のペースで仕事ができるのが理想だと思います。今はクラウドワークスやランサーズなどを使ってフリーランスとして働く選択肢もあります。
またココナラで自分の得意なスキルを売ることができるので思い切って在宅ワーカーになるのもおすすめです。圧倒的にストレスは少ないです。

最後にまとめ

HSPさんはデザインや創作などのクリエイティブな仕事に向いていてできれば会社務めではない方が気持ちが楽です。(もちろん誰しもがそうだというわけではないですが)
自分の特徴や長所を知ってより良い環境で働けるようになると良いですよね。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました