【ポジティブ】実際に試してみて良かった前向きになれる5つの行動

HSP・メンタル

こんにちは。今このブログを読んでくださっている方は自分に自信がない、何か失敗をしてしまったなどで落ち込んでいる方が多いのでしょうか。
私もよく落ち込んでは『自分はダメなやつだ』『どうしてこんなミスをしてしまったんだ』と長い時間引きずってしまいます。
自分に自信なんて微塵もなくて自分のダメなところにばかり心がフォーカスしてしまいどんどん自分で自分を惨めにしていきます。

今回はそんな私のようなネガティブさんが少しでも前向きになれるような行動について私がやってみてよかったこと5つ紹介したいと思います。

実際にやって良かったポジティブになれる行動5選

良かったこと日記をつける!

どんな小さなことでも良い&箇条書きで大丈夫です。その日あった良かったことや楽しかったこと、嬉しかったことを3つは書くようにしましょう。
『ごはんが美味しかった』『仕事帰りにすれ違った犬が可愛かった!』『今日は上手く髪が巻けた!』などで大丈夫です。


実践してみて
最初は日記をつけるために頭を捻らないと良かったことが出てこなかったのですがだんだん日常の何気ないところにある幸せや感謝に気付けるようになりました。今は生きてるだけですごいことなんだなって思ったりします。笑

 

成功体験を増やす!

これもどんなに小さいことでも大丈夫です。
まず1日のTODOリストを作成します。どんなに小さいことでも良いので書き出しておきます。

・洗濯をする・買い物に行く・お花に水をあげるなどを書き出して実際に実行します。終わったものには斜線を引くなりしておきましょう。
1日の終わりに見返すと『今日やろうと思ってたことこんなに達成できた!すごい!』と思えるんです。これは小さな成功体験ですがちょっとずつレベルを上げていけばどんどん成功例が増えていきます。

実践してみて

仕事やお休みの日も朝にその日のTODOを書き出すようにしました。本当にどんな小さいことであっても。例えば・朝に白湯を飲む・体重を計る・挨拶をするなどなど。一日の終わりにTODOリストを見返すと『1日のうちにやろう決めたことを実際に実践できているなんて自分すごいな』と思えました。やっぱり心の何でなんとなく『これやりたいな』って思っていることってぼやっとしていて、思っているだけで終わることが多いんですけど実際に書いて、目で見ることでやる気スイッチが入りました。

 

ポジティブな人と一緒にいる・その人のまねをする!

人は良くも悪くも周りの人の影響を受けやすいです。ネガティブな人たちと一緒にいると同じようにネガティブに引っ張られてしまいます。逆にポジティブな人と一緒に行動すると自分自身もポジティブになれます。友達や職場にいるポジティブな人とお話をしてみましょう。もし周りにポジティブな人がいないという場合は本や漫画でも大丈夫です。そこからポジティブさんがどんな行動をしているのか観察してまねしていくと良いです。

実践してみて

私の友達にスーパーポジティブな人がいるのですが私はその人の行動を観察することにしました。その人はまず、人の良いところを見つけるのが上手でいつも笑顔です。
私は自分の容姿に自信がなく『なんでこんなにブスなんだ』とよく思っていたのですがその友達は『私〇〇ちゃん(私の名前)かわいいと思うよ!唇の形も綺麗だし髪の毛もまっすぐで綺麗だし指も長くて綺麗肌も白い!いつも面白いこと考えてるし早起きできるし~…』など一瞬でどんどん私の長所を出してくれるのです。私もこの子のように人の良いところに気付いて常に笑顔でいようと思いました。
それにこのスーパーポジティブな友達だったらどうするかなと考えながら生活していると『実際に行動にしてみる』ということが増えました。これは大きな私にとって進化でした。

 

自分を褒める!

これも小さいことでも大丈夫です。とにかく自分を褒めるクセをつけると良いです。おそらくネガティブさんは0か10でしか考えらられず成功以外は許さないようなマインドが強いと思います。私も実際そうでした。『朝ごはん作って食べた自分えらい!』『挨拶できた自分すごい!』何かに失敗した時も『挑戦した自分えらい!』『よく頑張った自分』など自分のこと赤ちゃんだと思っていっぱい褒めるくせをつけます。自分で自分を褒めれると自分のことが許せるようになり自分の良い部分に気付けるようになります。

実践してみて

最初は自分を褒めることが苦手で上手くできませんでした。なので私は心の中に別の人間を作り今の自分を客観視するようにしました笑。仕事でミスをして落ち込んでしまった自分に対し心の中の別の自分が『大丈夫だよ!これはすぐカバーできるミスだし!間違ったってことはこの方法はダメだったって気づけたってことなんだから!』と慰めて褒めるようにしました。
私は他人には優しい言葉が言えるのに自分にはどうしても厳しいことしか言えない癖があったので心の中の自分を登場させる方法にしました。
そうやっていくうちに自分を褒めれるようになり以前よりもありのままの自分を受け入れることができるようになりました。

 

ネガティブな自分を認めて受け入れる!

こんなにポジティブになるたの方法を書いていたのに最後はやっぱりこれだなと思いました。
ネガティブで落ち込みやすい自分を否定しないであげてください。
悲しい気持ちになったらありのままに紙に書き出してください。悲しかったから悲しい気持ちを無視したりせずに『そう思うのもわかるよ』『悲しいよね、今日は早く寝ようね』みたいに自分に言ってあげるのです。ネガティブな自分も受け止めてあげることで自分をもっと許せるようになります。

実践してみて

私は今までネガティブになるとネガティブな自分がさらに嫌になってどんどん負のループに落ちていくことがほとんどでした。そんな自分を認めることができるようになったのは最近のことです。
まずつらいことがあった時に紙に殴り書きでなんでつらいのか悲しいのか書きます。これだけで心が少し軽くなるのですがなんで悲しいのかつらいのかさらに深堀していくことで自分の心と対話することができます。そうしていくうちに自分のことをより理解できてそのうえ改善策まで考えることができたのです。
自分と向き合うことはきっとこの先もやっていく重要なこと。自分のことをもっと知るために続けていきたい習慣でした。

ポジティブになれる名言5選

私が好きなポジティブになれる言葉を5つ紹介します。偉人から漫画の抜粋まであります。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。 習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。 性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

マザーテレサの言葉で有名だと思います。
自分の口から出る言葉・自分が行っている行動が運命になる。だったら前向きな言葉で自分のなりたい自分になるための行動をしていきたいです。

配られたカードで勝負するのさ。それがどういう意味であれ。

大好きなスヌーピーの本に出てきた言葉です。
自分の持っていないもの、足りないものにばかり目を向けていてもどうにもなりません。今の自分に何ができるのかを考えるきっかけになります。落ち込んでいてもしょうがない、今できることを一生懸命頑張ろう。

嵐が過ぎるのを待つことが人生のではない。嵐の中でもダンスを踊ることが人生である。

何か思ってもいなかったトラブルが起きた時にそのトラブルが解決するのを待ったりするのでなく、そのトラブル自体も楽しんでしまうのです。そうした方が人生はもっと楽しくなります。

才能は開花させるもの センスは磨くもの

大好きな漫画ハイキューで出てきた言葉です。天才にはどうやっても追いつけない。でも自分の能力を諦めたりせずに努力をしていくことで才能が磨かれていきます。ないセンスは磨けばいいんです。努力で人生は変わります。

なんとかなるよ、絶対だいじょうぶだよ

これも小さい時から好きだったアニメ『カードキャプターさくら』でさくらちゃんが言っていた言葉で何か悲しいことがあった時や何かに挑戦するときに自分に言い聞かせます。
だいじょうぶって言葉が好きで人に言われた時もとても安心します。

 

今回はポジティブ思考になるための行動5選とポジティブになる名言5選を紹介しました。マインドはすぐには変えられないものですがちょっとずつでいいのでポジティブになれるように行動してなりたい自分になれるようにしてきたいですね。私も頑張ります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました